忍者ブログ
2004/9/21スタート。実はNZからお届けしております。現在隔日更新中。
ぼなぶろぐ
副腎摘出手術から5ヶ月が経過しました。
本日外科医のフォローアップ検診で(おそらく)すべて終了しました。わーい。

手術の後、およそ1ヶ月後に最初のフォローアップ。
そのときはまだウエストを締め付ける服はなるべく避けておりました。
傷口は背中なのだけど、腹とか脇腹のあたりがどうにもうすら痛くて、担当外科医にそれを訴えると、術中に周辺の神経が引っ張られたりするので、そのあたりが痛くなることはよくあると。
時間がたてばよくなるはずだよ、と。
それから摘出した副腎の画像見る?ときかれたので見せてもらいました。
副腎のサイズに対して意外と腫瘍のサイズが大きくて、腫瘍のみ摘出の選択肢がないのもやむをえまいよ、と思わされました。
摘出後の検査で腫瘍は悪性でないことも確認されたので一安心。(初めから悪性の可能性は低いと聞いてはいたものの)
検診前の血圧測定も問題なし。帰り際に採血して終了。

そして5月に今度はCardiology Clinic、循環器科へ。
やさしいおじいちゃんドクターに部屋に呼ばれるなり「手術うまくいってよかったね~」と言われる。
手術直後の血液検査の結果も良いし、もうバッチリだね!てんで横になり血圧測定。
しかしここでの測定結果がチョト高い。140台後半~90台くらい。
じゃあちょっとリラックスして、とドクターが少し席を外して戻ってきてまた計るもやはり高め。
僕はゆっくりコーヒー飲んでくるから...とまたしばらく席を外して、そして3回目を計るもやっぱり高い。術後2週間ごとくらいに家で計ってた血圧は正常範囲だったので焦る。
それでも手術の結果は出たし、ここはdischargeということで...と終了。
あとあなたの病気はちょっと珍しいのでリサーチに協力してもらってよいか?ときかれました。
何かしら連絡があるかもしれないとのこと、英語が不安なのでそれでもよければと一応了承したものの、今のところ何もありません。このまま症例参照だけで終わってくれればよいのだけれど。

一応ちょっと心配だったのでそれから家で何度か血圧計ってみたけれど、だいたい正常範囲内。
白衣なんちゃらであって欲しい。きっとそう。(英語でもwhite coat effectとか。そのまんまだ)

そして前回のフォローアップから4ヶ月後、外科医の2回目のフォローアップ。
例によって事前にナースの血圧測定があったのですが、これが長袖の袖を完全に上までまくれずカフにちょっとかかった状態で「いいのか、これで...」と若干不安に。
でもって測定に普通以上に時間がかかり、結果も高めで、それをメモして終了。
え、もっとちゃんと袖まくって、もっかい計ったほうがいいんじゃ...と思うも言えないorz
ドクターに呼ばれ、調子はいいですおなかいたくないですむしろ痒いくらいですと伝える。
で念のため傷口のチェックして、もう大丈夫ですとなりました。
血圧高めだね...とツッコミはあったものの、前回の血液検査の結果アルドステロン値は正常だったので、これで終了ということに。
EndocrinologyとGPに連絡しておくね、あ、次に予約入ってるねといわれ、えなにそれ知らないレターも来てない(病院の予約は必ずレターが届く)とあわてると、もしかすると今日の結果次第でどうにかするつもりなのでは、と言われたけれど外科医が知る由もなし。
Dischargeはいいけれど、これは自分で病院に確認するべきか、あるいはきかなかったものとしてそのまま忘れるべきなのか...(電話ちょう苦手)

とにかく(家での)血圧は下がったし、トイレが極端に近いのもなくなったので、クオリティ・オブ・ライフはかなり上がりましたですよ。
手術して本当によかった。
これからは残った副腎に無理させないようほどほどにがんばります。
PR

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


英語のみのコメントは受け付けておりません。
プロフィール
HN:
ぼな
自己紹介:
2008年より在Wellington。
現在荒巻育成中。
最近週休1日ペースで更新できてません...
最新CM
アーカイブ
検索
メールフォーム
カウンター
忍者ブログ [PR]