忍者ブログ
2004/9/21スタート。実はNZからお届けしております。現在隔日更新中。
ぼなぶろぐ
ぼなぶろぐは2006/12/20にgooブログから引っ越してきました。
2006/12/19以前の記事をご覧になりたい方はこちらへどうぞ。
『ぼなぶろぐ(旧)』


別館は記事ごとごそっと移動しました。
『ぼなぶろぐ たべもののみもの別館』


2005年5月以前のたべもののみもの情報はこちらからどうぞ。
PR

毎年恒例、学校のプールの付き添いが11月後半くらいからありまして、それでヒイヒイいってたらあっという間に12月になっておりましたですよ。
学校、あと1週間ちょっとで終わり!
1月からYear5!その次の年はYear6で小学校卒業!
(それでも日本だと4月から3年生...)
このギャップに未だに慣れないわ...

4月には新幹線の旅、10月は1泊シンガポール旅行してきたのでしたが、それもまとめられないまま新年を迎えてしまうような気もしないでもないです。
台湾も1年かかったし。
でもって来年はちょっとめでたいことがあるので記念に言葉が通じないところへ旅行しに行こうかと計画を練っておりますよ。
その前に10月に埋めたインプラントを義歯まで完成させるのよ!
先月のブラックフライデーセールで安い航空券をゲットしたので、次は子と2人で帰るます。

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』とうとう出ましたですね。
ぶつ森はDS版でかなりはまってDS追加購入して同居人に無理やり始めさせた過去があります。
そんなわけでさっそく昨日ダウンロードいたしました。
が気づいたのは日本時間の午後6時過ぎ、悲しいかな通信エラーで全然プレイできず。
それなのでこちらの朝9時過ぎ(日本時間朝5時過ぎ)から初めてみました。
なんか微妙にサクサク進むけれども、あの楽しさはそのままだ...
(虫取りとか魚釣りとかはかんたんになりましたですね)

でもってゲームを進めていて改めて思い出したのだけれど、わたくしには部屋をなんとかするセンスがまったくないのだった。
家具の配置とか、工夫しようとしてもなんだかダッサダサなのだ。
思えば服のデザインとかも全然できなかった。嗚呼。
家具が増えればなんとかなるかしらん。しかし楽しみどころのひとつのはずなのに苦行...

とりあえずのんびりまったり釣りだの果物採取だのして生活するのだ。
引きこもりがはかどるわぁ。
そのうちサーバ増強してくれるといいなぁ。

だいぶ前に子のために浴衣を購入していたのだった。

通っていたデイケアでは「International Day」的なイベントがあって、子どもたちが民族衣装とか着てきたりするようなことがよくあったのだ。
そのときはスルーしてきたのだけれど、もしかしたら学校に上がってもそんなイベントがあったりするのかな?と思い、一応通販で安い浴衣を用意しておいた。
しかししかし、学校ではいろんなイベント(特定の色のものを身につけるとか、Sillyな格好をするとか、本の登場人物になるとか)がありつつも、浴衣を着る機会はまったくなかった...

サイズアウトを目前にして、先日ついに補習校のお祭りがあったので、ようやっと浴衣が日の目を見ましたですよ。ああよかった。
不器用カーチャンゆえ三尺帯がうまく結べない...といったマイナートラブルはあったものの、仲の良いおともだちといっしょに浴衣で記念撮影なぞして大変に気に入った様子。

一日着て、さて洗濯しましょうとタグを見ましたら、「手洗い」表記がありました。
でもこういうのはたいていネットに入れて洗えばなんとかなるのよ、と持ち前のいい加減さでネットに入れて、それでも一応気にして洗濯機のシルク・デリケートモードで洗ってみました。
洗濯完了してネットから取り出すとなぜか後ろの裾だけだらーんと長い。
もともとお端折りのところで腰上されていたのだけれど、それが後ろ身頃の方だけほぼほつれてしまっていて、それで後ろだけ長くなってしまっていたのだった。

取れてしまったのならもともとなかったものとして全部取ってしまえばいいのよ!と思ったのだけれど、この浴衣身頃の端に直接紐が縫い付けられている。
この紐の位置的に自分でお端折り作って止めて...という風には使えない。
かといって別の腰紐もすぐには用意できないし。

これはもうもとに戻すしかないのでは...と諦めて、裁縫はめっぽう苦手ですけれど、アイロンかけてざくざく縫ったよ...
あと肩のところも肩上されてたのがほつれてきてしまったのだけれど、それはもう無理ってことでテキトウにアイロンかけて誤魔化した。
不器用カーチャンのライフはゼロよ...もう少ししっかり縫ってあってほしかったよ...

また近いうちに日本関係のイベントがありそうなので浴衣の出番がありそうなのよね。
お願いだからもうほつれませんように。

11月になってしまったですよ。おおお。

10月は2週間ほど日本に行きまして、帰ってきたらWellingtonは夏だった。
そもそも10月はじめの日本が夏だったわけですが。
今回はシンガポール航空利用で1日ストップオーバーしてきたので夏物を持ってたので助かりましたけれど、もしそれがなかったら途方にくれていたところであったよ...
来年も同じ時期に旅行するので忘れることなかれ、自分。

毎回ニュージーランドに帰ってくるたび検疫のところでドキドキします。
食品を持ち込む場合は申告しなければならないのでね。
審査官に入国カードを渡し、持ってる食品を口頭で説明するのですけれど、運がよければそのままスルー、そうでなければ荷物を開けてチェックを受けるのです。
わたくしも何度か荷物チェックの憂き目にあっているのですが(没収されたことはないけれどとても面倒くさい)ここ数回は運良くスルーしていたので、今回もそうだといいなぁと。
で口頭で説明して、じゃあこっちのラインに並んでねといわれた先は、荷物を開けるためのテーブルが並ぶ部屋でなくX線マシーンへの直行レーンであった。イエーイ。

...がしかし、X線マシーンから出てきたわたくしの荷物が横にはねられ、「これはあなたの荷物ですか?食品入ってますね?開けますけどいいですね?」と検査官にいわれたのだった。
おおう、まさかここで。
今まであっちのテーブルで開けられたことはあったけど、出口間際でこんなことになったのは初めてよ。

そして荷物は開けられたのですけれど、並べられる大量のすりごまといりごま。
1kgのごまを手に「これは何?」「ローステッドセサミです」
中にあった箱をさして「これは?」「セサミオイルです」
さらに別の箱をさして「こっちは?」「ジュースです」「セサミジュース?」「...いや、ジンジャーブラウンシュガージュース」(コーディアルっていえばよかった)
もういろいろ恥ずかしいのであれはチョコレート、こっちはジャパニーズマヨネーズとてきぱき答えていたのだが、ケチャップの段になって「トマトソースなんて持ってくる人見たことないよ」といわれてしまう始末。味が!違うの!!リコピンリッチなの!!

とそんなことがありつつも食品は何一つ没収されず無事パントリーに収まったのでした。
次は開けずに済みますように...

12月29日。朝の便で日本に発つよ!
朝5時半に荷物まとめてチェックアウト。空港行きのバスを待つ間にまた屋台の飯糰を購入。おばちゃんは辛いもの抜きのオーダーを覚えていてくれてすごい速さで作ってくれた(大荷物かかえてバス停で待つ家族が見えたので急いでくれたものと思われる)
おばちゃんに何か話しかけられたのだけれど中国語さっぱりわからないよ...とにかくこれからエアポートに行くよ日本に行くよというのは伝わったらしく再見と送ってくれた。

じきにバスが来て一路桃園空港へ。
税金還付処理を済ませ荷物預けて地下2階のフードコートへ。朝早くてほとんどの店は開いてないのでセブンイレブンでコーヒーを買い飯糰を食らう。子はセブンイレブンの鶏肉飯おにぎり。

それから出国してまだ少し時間があったので、わたくしは小南門でラスト豆花を買うことに。オーダーでかなり並ぶ。その間子はキティちゃんのキッズエリアで遊んでいたようです。20分近く並んでようやくわたくしの番になり豆花購入。子と合流しゲートへ向かいます(ちょっと遠い)
出発ゲート近くのベンチでラスト豆花を味わい、初めての中華航空で成田へ。2時間半ほどのフライトだけど途中機内食も出たのでものすごくあっという間だったよ。
サヨナラ台湾。
思い残したことがたくさんあるのできっとまた近いうちに行くことでしょう。

そして同居人のZenFone3には初期不良が判明したのであった ←これがオチか...


ホテルについて少し。
今回利用したホテルは府中站から5分くらいの清翼居旅店 Morwing Hotelというところだったのですけれど、オンラインで予約できる部屋ではなく、ホテルにメールで確認しないとならないModern Familyなる部屋を予約しました。
行ってみたらこの部屋だけ違うフロアにあって、まわりは普通のアパートメントっぽい。部屋に洗濯機もありものすごく助かりました。(乾燥機はフロントのフロアにある)
普通のお部屋はちょっとブティックホテル感があるようです。まあ安いしなー。
朝食は別のホテルのレストランまで行くか3軒隣のモスバーガーになってしまうのだけれど、でも朝からローカルの食事を楽しみたいなら朝食なくても構わないし。
ここならまた利用してもいい...!と思っていたのだがしかし今この部屋は予約できないっぽくなってしまっているなあ。残念。

府中は便利なところでした。
台北にもすぐ出られるし、おいしい食べ物屋さんもあるし、おみやげ買えるスーパーもある。選択肢がありすぎると決められないようとパニックになりますけれど、ここはいろいろちょうどよかったです。
あと行かなかったけど夜市やら清朝末期時代の富豪の邸宅やらもあります。
ホテルも台北市内より安いのでおすすめです。

おみやげは他に森永の缶入りドロップ、缶詰の魯肉、京都念慈菴のど飴なども買ってきましたよ。のど飴こちらでも売ってるけど約3倍するのでまたシンガポールで安く買ってこようそうしよう。

12月28日。この日も朝モスです。
8時過ぎに部屋を出てMRTで動物園へ向かいます。外は曇り、たまに小雨。
高架で無人運転の文湖線、子は前方窓に張り付きで外を眺めておりました。移動がすでにアトラクション。
動物園へは9時過ぎに到着。パンダやコアラをみてから遊園車でいちばん奥まで移動して下りてくる作戦です。鳥類だの爬虫類だの昆虫だの、ひととおりまわってちょっと早めのお昼にしましょうかとパンダレストランへ。
ここはパンダ館の2階にあって、ガラス窓からパンダが見放題という大変すてきなお店です。しかし特に食べたいものがなく、ランチでなくお茶ということで飲み物とアイスだけたのんでしばし休憩。
パンダは見えたり見えなかったりですけれど、店内はぬいぐるみもいっぱいでお子様大喜びだと思います。


おなかもすいたし一旦帰ろうとMRT動物園站に戻ったのですが、ここでわたくし一人だけが乗車して子と同居人がホームに取り残される事案発生...
でもMRT駅では無料Wi-Fiが使えるのですぐに連絡とれて助かった。次の木柵站で降りて合流しました。ほっ。

府中に戻ってこれまた慈恵宮近くの油飯の店秋香ㄟ店(読めない...)へ。油飯小椀をひとり1椀ずつ、青菜、赤肉湯、三層肉たのんでおなかいっぱい。そして食後はまた全香豆花で生姜風味のあたたかい豆花。同居人が豪快に中身こぼしてつい大声を上げてしまいましたよ...

一旦部屋に戻り、空き時間を有効に使うべく髪を切りに行くことにしました(チャレンジャー)。フロントの若いお姉さんに、このあたりでおすすめの美容院(しかしあまり高くないところ)ありますかねーときいて、地図に印つけてもらって行ってみた。
紹介されたお店は二階にあってなかなか入店のハードルが高かったけれど、平日の午後で空いていて、中国語できないけどなんとか身振りと英語でカットお願いできました。
カットの結果は...まあチャレンジャーだったわ、と(苦笑)短くしてもらえたのでよしとしよう。お代は450元。確かに高くない。

チャレンジ終わって夜ごはんは前日の七號炒飯の並びの店にて餃子と牡蠣オムレツと青菜。子は魯肉飯。餃子大きくて食べごたえありました。しかし青菜にタレかけたのがどこで食べてもうまい。青菜最高。
部屋に戻る途中に子はまた屋台で飴がけプチトマトを買い、そしてわたくしは胡椒餅を買って部屋でビール。胡椒餅スパイシーでアツアツでうまい。食後のデザートが欲しいわー、そうだ屋台で焼仙草売ってたの買ってこよう!とひとりで外に出たのですが、そこで屋台のおばちゃんに焼仙草メイヨウって言われてしまい夜の街をひとり焼仙草求めて歩きましたよ...
あてもなくしばらく歩いてたらまだあいてるデザート屋さんを発見、お店のおかあさんは意思疎通が難しそうだったけど若い娘さん(オーストラリアに行ってたことがあると言っていた)が英語で対応してくれて無事焼仙草買えました...焼仙草はあったかいうちはさらっとしてるのだけど、冷めるとかたまってきてゼリー状になる不思議なデザートです。若干薬っぽい風味を感じるけど甘すぎずおいしい。
この日が実質最終日なので心残りがないよう食べたいものは食べるのだ。

も少し続く。

12月27日。この日は初めてモスバーガーで朝ごはん食べられました。
ハムエッグバーガー・ソーセージエッグバーガー・トマトエッグバーガーからひとつ選んで、そこにコーヒーか紅茶かココアがつくというシンプル朝ごはんでした。

この日の予定は猴硐。猫村です。
ホウトンまでは台鉄で行くのですが、高鐵3日パスがまだ1日分余ってるってんで、贅沢(?)に板橋から南港までの2区間だけ新幹線に乗りました。これで高鐵全区間乗ったぞー。
で台鉄に乗り換えてホウトンを目指すわけですが、どうも朝からお天気がよろしくなく、ちょっと寒い。でも着いたら雨降ってないかもしれないし...との希望も虚しく、降りたホウトン駅はやはり雨だった。がっかり。
雨だし寒いしとしばらくは駅構内にとどまって猫を愛でたりしていたのだけれど、どうにも雨が止まないので、ちょっと小降りになったっぽいすきを狙って外へ走った。

ホウトンの駅を出て正面に願景館(Vision Hall)という建物があり、かつてここが炭鉱で栄えた頃の歴史を伝える資料館になっております。雨にぬれつつこちらに飛び込んだのだけれど、ここにも猫がいたー!
本当はこの建物のとなりにある炭鉱施設の廃墟が見たかったのだけれどしかし雨。
橋を渡ったりトロッコに乗ったりしたかったのだけれど、嗚呼雨。

駅から見たVision Hallと廃墟。雨さえ降らなければ...!

とりあえず駅に戻ろうとまた外に出たら、駅前に並ぶ土産物屋のおばちゃんに日本語で話しかけられた。おばちゃんの店が最近日本の新聞(朝日新聞て言ってた気がする)で紹介されたという。そしてここでしか売ってないという猫型のパイナップルケーキを大プッシュされる。かわいい。せっかく猫村まできたのだからと購入。
そしてこの店の中にも猫はいた。勝手に入ってくるらしい。平和だ。

それから駅に戻ったのだが、小雨が降る中同居人と子は猫村まで行くという。
わたくしは寒さにやられておなかがいたくなってきたので駅で待つことに。
猫村で何匹か猫を見られたようで満足して帰ってきた。しかし雨めー。

ホウトンから一駅の瑞芳で一旦降りて、窓口で次の自強号の切符を買う。
列車を待つ間2回目の台鉄弁当購入。
降りたところのホームに小さい弁当の売店はあったのだけれど、駅舎の方にももっとお店があったりしないかしらんと改札口の方にまわってビンタンビンタンきいてみたのだが、どうも他に売ってるところはないらしく、またホームの端っこまでいって買った。
乗り込んだ自強号はほぼ満席で、3人並んだ座席は取れず、知らないファミリーに囲まれつつ台鉄弁当食べました。

昼頃台北に到着。
昼めしは考えるのも面倒なので微風台北車站のフードコートをぐるっとまわり、ちょうど声をかけられてしまった「牛肉麺競技館」の中の店でトマト牛肉麺。
それからMRT大橋頭に移動し、我好你好でピーナツのお菓子花生酥を2袋購入。ここ、お店が入ってる建物がかっこよすぎて、うっかり一度通り過ぎてしまったよ...
気を取り直してそこから迪化街までてくてく歩く。台北では雨は降ってなかったので助かった。迪化街はいかにも昔からやってます風な問屋から古い建物をリノベしたおしゃれな店までいろいろあって歩くのが楽しい。
迪化街の點子食品でいろいろ試食しつつドライいちごとしいたけチップス購入。

そこからまた少し歩いて建物がとてもすてきなスターバックス保安店へ。

冷たいお茶と子にシフォンケーキ(見た目はイチゴショート)を買ってティータイム。
ここにもあったよ記念スタンプ。いそいそと押したよ。

この後は台北駅前の文具店に行くつもりだったのだが無理せずタクシーで移動しました
よ。タクシーで新光三越まで行ってもらい、そこから裏にまわって光南大批發と墊脚石圖書廣場をみてきました。レトロなノート買ったよ。

でもって子と同居人は先にホテルに戻るというので一人で台北地下街を探検。
しかし特に欲しいものもなく、そして地下街の広さに恐れをなし、30分くらいで帰ることにしました。
MRT府中に戻り、そういえば地図で豆花屋があったような...と思いつつ板橋慈恵宮の方へ歩いていくと、あった!あったよ!全香豆花。ここで冷たいピーナツ入りの豆花を外帯して一旦部屋に戻って食べる。順番が逆なような気がするけれどそれから夜ごはんを食べに外に出て、七號炒飯という店で炸醤麺?など食べる。子は屋台で飴がけのいちご買ってました。えらく気に入っておりました。

続く。

プロフィール
HN:
ぼな
自己紹介:
2008年より在Wellington。
現在荒巻育成中。
最近週休1日ペースで更新できてません...
最新CM
アーカイブ
検索
メールフォーム
カウンター
忍者ブログ [PR]