忍者ブログ
2004/9/21スタート。実はNZからお届けしております。現在隔日更新中。
ぼなぶろぐ
2017年10月の日本行きは4月に引き続きシンガポール航空を利用しました。
ウェリントンからキャンベラ経由でシンガポールに飛び、そこから成田行きに乗り換えるのです。
(ただし2018年5月?でウェリントン-キャンベラ便は廃止になり現在はメルボルン経由になっておりますよ)
ただ乗り換えるのもあれなので、シンガポールで一泊してちょっと遊んでから帰ろうということになり、初めてシンガポール航空のストップオーバーホリデイを利用してみました。

ストップオーバーホリデイとはなんぞや、と申しますと、シンガポール航空(またはシルクエア)を利用してシンガポール以外の目的地に向かう旅行者向けのお得なシンガポール滞在パッケージプランです。
ホテルのみプランとホテル+アトラクションプランがあるのですけれど、差額が非常に少ないので(一人あたり$10もない)ホテル+アトラクションプランを選択。どんなアトラクションに入れるかというと、シンガポール動物園やらセントーサやらガーデンズ・バイ・ザ・ベイやらのメジャーどころ目白押し。あっという間に元取れます。
ちなみに対象施設は毎年変わるようで、今年の一覧見てみたら去年と違うところがけっこうあった。今年はヤクンやリバーサファリやキッザニアもあるのか...!ちなみに一昨年はオセアニア出発のお客さんだけユニバーサルスタジオがあったりもしたよー。

キャンベラ-シンガポールは夜行便なので、チャンギ国際空港に到着したのは現地時間朝6時過ぎ。入国してストップオーバーホリデイプログラムのカウンターに向かいチケットを受け取る。プランには往復の空港送迎がついているのだけれど、翌日のホテルへのお迎え時間が夜8時過ぎとなっていた。どうせ時差で夕方には眠くなってしまうので、早めに空港に到着して中でゆっくりしようと思っていたのだけれど、お迎え時間の変更はできないとのことであきらめる。

ストップオーバーホリデイのお客さんはドライバーが呼びに来るまでベンチで待機といわれ待っていたのだけれど、しばらく待ってちょっとだけ不安になりかけたころに宿泊ホテル名が呼ばれたのでワゴンに乗ってホテルへ。
ストップオーバーホリデイは滞在先のランクでお値段が変わってくるのですけれど、いちばん安いプランのホテルのうち交通の便がよさそうなHotel Royal@Queensにしてみました。ここ、前に泊まったことがあるGrand Pacificの裏手にあり、2つのホテルは2階(3階?)でつながっているのだった。面白い。

ホテルには朝8時過ぎに到着。いくらなんでも早すぎるのでまさかと思ったけれど部屋はあいてたらしくチェックインできてしまいました。ラッキー。
しかし案内された部屋に入ってみると今まさにエクストラベッド準備中...!
長居は無用と荷物だけ置いて街へ出ました。

まずは朝ごはんを食べにMRT駅近くのフードリパブリックへ。
子に海南チキンライス、自分はカヤトーストとコピをたのんだのだけれど、カヤトーストがいつまで経っても出てこない。オーダーするとピーピーなるやつを持たされるのだけれどそれが全然鳴らないのだった。
同居人はすっかり自分のごはんを平らげ、駅にez-linkを買いに行き、戻ってきてもまだカヤトーストできないのでさすがに忘れられてるだろうと思いカウンターへ。やっぱり忘れられてたらしくちょっと待ってねってすぐ出てきた。コーヒーなしで流し込む。とほほ。

それからMRTでハーバーフロントへ移動しセントーサ島を目指すのだけれど、その前に入手しなければならぬものがある。携帯電話のSIMだ。
出発する前にあらかじめ調べた結果、M1のプリペイドなら$5で500MB分のデータが使えるのでこれがよいのではないかしらんということになっておりました。しかし空港やら目についたセブンイレブンやら、どこにいってもM1の$5SIMが売ってない...(他の種類のは売ってる)
VivoCityにはM1のショップがあるのだけれど、着いたときはまだオープンしてなくて、歩き回ってすっかりバテてしまった子とわたくしはふたりでマックで期間限定チェンドルマックフルーリーを食べながら待つのであった(マックフルーリーはおいしかったです)

ハーバーフロント駅付近のセブンイレブンできいたところ、うちにはないけどここには売ってるんじゃない?と教えてもらったお店があって、そこでようやくSIMゲット。
よしこれでセントーサに行ける!じゃあ早速ケーブルカーに乗ろう!と乗り場まで歩いていったのだけれど、なんだかケーブルカー動いてなくない?まだ営業時間じゃないのかな、そういえば乗り場までもあまり人いないね...なんて話してたらまさかのメンテナンス休業中。ががーん。せっかく暑い中歩いてきたのに...もっと前からわかりやすく表示しててほしかった...無駄に体力使った...

トボトボとVivoCityまで戻り、ちょっと休もうってんでフードリパブリック。
がしかしまたエレベーター間違えたりして屋外を歩く羽目に...さらに体力が削がれる。
ようやく座って休憩、小腹を満たすのにロジャックを買って食べる。ロジャック初めて食べたけどなにこれおいしい!シャキシャキの野菜フルーツとサクサク油条に甘じょっぱいソース。貪るように食べてしまったよ...食べながらSIM交換してアクティベート完了。

無事通信できるようになったのでここからは別行動ですよ。
子はトーチャンとセントーサへ。わたくしはセントーサには上陸せずオーチャードにお土産買いに。
セントーサ・エクスプレスの切符売り場(長蛇の列...)で別れてMRTに乗りました。
目指すは高島屋です。ベタですね。ここでベタなお土産を買うのです。
きっとわけわからんお土産をもらうより素性がわかってるもののほうが嬉しかろうと思い風月堂の限定ゴーフルを買いに行ったのです。

シンガポール高島屋では旅行客向けにツーリスト特典パスポートなるものを発行していて、ゴーフルも若干お安くなるというので3階のカスタマーセンターでゲットしてきました。
それを持って地下2階の風月堂に向かい、ミニゴーフル3個パックを持ってこれでお安くなりますよね?と冊子を見せたのだけれども、店員さんに何それ?的な顔をされる。えー。
なので該当ページを開いて、ほら!ここに!ゴーフル!!と見せると、ちょっとボスに確認してくるわ~とそれ持ってバックヤードに消えていき、しばらくしてじゃあその値段で~と戻ってきた。適当だな...
ゴーフルを買い、他にもなにかないかしらんと見て回ったけれど結局何も買わず、タカシマヤを出てオーチャードをうろうろ。ワトソンズとガーディアンを比較し安い方でタイガーバーム各種を買って一旦バスでホテルに戻る。それから歩いてブギス方面へ。ブギス・ジャンクションのワトソンズで自分土産にヒマラヤのリップバーム2本とスキンクリーム小さいのひとつ買ったらちょうど買2送1だったらしくリップバーム1本タダになってラッキー。

ひととおり見ておなかもすいたのでとりあえずホテルに戻るとじきに子も帰ってきた。
子はセントーサでチームラボのデジタルミュージアム的ななにか(現在はもうない模様)に行って大満足の様子。さすがに疲れていてまた食事に連れ回すのもかわいそうなので、ホテルほど近くのローカル感あふれるホーカーで炒飯とホッケンミーをテイクアウトして部屋で食べる。安くてうまい。

それから翌日の朝ごはんと水を調達しに再び歩いてブギス方面へ。
Bugis+のBlackballでデザート代わりに仙草ミルクを飲む。うまい。シンガポールまできて台湾かよ!と思わなくもないけれどおいしいならばいいじゃない。
朝ごはんは適当にベーカリーで買いました。ストップオーバーホリデイプランに朝食つけるとひとり$25増しだっていうからそれなら好きなもの買って食べるよ!と思うわー。

翌日に続く。
PR

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


英語のみのコメントは受け付けておりません。
プロフィール
HN:
ぼな
自己紹介:
2008年より在Wellington。
現在荒巻育成中。
最近週休1日ペースで更新できてません...
最新CM
[11/26 名無権兵衛]
[05/11 ぼな]
[05/11 otama]
[03/08 ぼな]
[03/07 otama]
アーカイブ
検索
メールフォーム
カウンター
忍者ブログ [PR]