忍者ブログ
2004/9/21スタート。実はNZからお届けしております。現在隔日更新中。
ぼなぶろぐ
昨日は件のWaitalere Alpacas Ltdまで行ってみました。
外からでもアルパカが見られるんじゃないかと思って。

だがしかし。
それとおぼしき建物はあったものの、プライベートのドライブウェイの先。
さすがに私有地の中に勝手に入るのはためらわれ断念。
なんか動物の姿も少し見えたんですけどねぇ。
それがアルパカなのかどうかも判別できない距離。残念。

がっかりしつつも帰りに普段行かないショッピングセンターで買物でも、と思い
NewLynn方面へ。
そしたらその途中にこんな店が。
豆花周
外見はごく普通のチャイニーズマートだがこの名前に聞き覚えが。
かつてChineseのクラスメイトにオークランドで豆花が買える店を教えてもらった。
それがNewmarketの豆花周という店だときいたのだった。
その後きいた場所にいったのだけれど見つけられなかったのですよ。
そんな豆花周が今目の前に。チェーン店だったのか!

ラッキーなことにこの日はクーラーボックス(クーラーバッグ?)を持っていた。
保冷して持って帰れるので豆花買っても大丈夫。
じゃあ買おうよってことで、中へ。

入口の立派な看板。
中は普通のチャイマ。
他のものには目もくれず豆花を探す探す。
冷蔵ケースの中には豆漿はあるけど豆花も豆腐もない。
さらに店の憶に入っていくと、あった。
自分でトレイに盛るようになってた豆腐とパックに入った豆花らしきもの。
豆花は冷たいのだけでなくあったかいものもあった。

しかしこれが表示があいまいでたしかに豆花なのかわからない。
別のお客さん(中国人でない)にどれが豆腐かきかれたけれどすいませんわしらもわかりません。
でも多分これが豆腐でこれが豆花だと思うよ、と答え、自分もその豆花らしきものを持ってレジへ。

「これって豆花?」とレジで確認、それはたしかに豆花でした。
1パック$1.20です。かなり安いです。
お店で食べたら$5です。うれしい。
しかもこれ、1パックのサイズが大きい。
比較するものがないのでわかりにくいですね...
とにかく大きいのです、1度に食べきれないくらいです。

これにあらかじめ買っておいたピーナツスープ(花生湯)を注いで食べるのだ。
実食のようすは別館にて。
PR

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


英語のみのコメントは受け付けておりません。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

トラックバックは承認後に公開されます。英語のみのトラックバックは受信されません。
豆花入手。
このとき購入した豆花をさっそく食べてみましたよ。 花生豆花の材料:花生湯(ピーナツスープ)缶と新鮮な豆花。 横に並べると豆花パックの大きさが伝わるでしょうか。 缶は350mlサ
URL 2007/12/03(Mon)08:23:58
プロフィール
HN:
ぼな
自己紹介:
2008年より在Wellington。
現在荒巻育成中。
最近週休1日ペースで更新できてません...
最新CM
アーカイブ
検索
メールフォーム
カウンター
忍者ブログ [PR]